当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

サイト内の検索

トレーダージョーズのトフィチェダーチーズ Trader Joe’s Sticky Toffee Cheddar Cheese 

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

最近行ったトレーダージョーズで2回連続試食コーナーにでていたこのチーズ、12月のFearless Flyer Holiday Guide 2015にも載っていたので買ってみました。

Trader Joe's Sticky Toffee Cheddar Cheese

Sponsor Link

Trader Joe’s Sticky Toffee Cheddar Cheese $8.99 a pound
トレーダージョーズ スティッキー トフィ チェダーチーズ

チーズの大きさによって値段は違うのですが、私の買ったのは4ドルくらいでした。

Trader Joe's Sticky Toffee Cheddar Cheese

トラディショナルなイングリッシュチェダーにデーツ、レーズン、ゴールデンシロップそしてトフィ―が入っています。

トフィも入っているのですが、デーツとレーズンのほうが強くでているので、ドライフルーツ入りチーズといった感じです。ただ、チェダーの味があんまりしないので、ほかのチーズでも同じようにできそうな気がします。<--だからチェダーチーズを味わいたいという人にはお勧めできないかもです。

私はチーズと甘いドライフルーツの組み合わせが好きなのでおいしいと思いましたが、人によってはこんなのチーズじゃない、チェダーチーズの味がしないと思う人もいると思います。

好き嫌いがはっきり分かれそうなチーズです。

Trader Joe's Sticky Toffee Cheddar Cheese

Trader Joe’s Sticky Toffee Cheddar Cheese

薄くスライスしようとしたのですが、フルーツとトフィがナイフの刃にあたるのと、普通のチェダーチーズブロックに比べてやわらかいので、なかなかきれいにスライスするのが難しいし、切ったあとも崩れやすいです。ただその分、パンの上に伸ばして食べやすいです。

Trader Joe's Sticky Toffee Cheddar Cheese

Trader Joe’s Sticky Toffee Cheddar Cheese

食べるとかなり甘いので、かなりお砂糖が入ってる感じがしますが、28gのうちSugarは6gです。

私の一番好きなパンがライ麦パンなのですが、それによく合います。

ライ麦パンといってもアメリカでよく見るライ麦が配合されているパンではなくて、ドイツ人が食べるプンパーニッケル、デルバ(DELBA)やメステマッハー(Mestemacher)などのあのぴたっとしたビニール袋に入ってるレンガみたいに重いパンです。

こんなのね↓

デルバ プンパーニッケル

このパン、3.5ドルくらいでHEBやクロガーなどにも売っているので、いつでも買えるのですが自分で作ることもあります。

個人がオーセンティックなプンパーニッケルを作るのはかなり大変そうなので、自分で作るときは、キングアーサーフラワーのレシピを使っています。小麦粉やジャガイモが入っているので本場のものとは違いますが、ザワータイク(ライ麦サワー種)を使う必要がないので、思い立ったらすぐ作れます。

Trader Joe's Sticky Toffee Cheddar Cheese

Trader Joe’s Sticky Toffee Cheddar Cheese

このプンパーニッケルをパンの端の色が変わるくらいしっかりトーストして、このチーズをのせて食べるととてもおいしくて、3日くらいで全部食べちゃいました。

Trader Joe’s Sticky Toffee Cheddar Cheeseの得点は100点中70点くらい。チェダーチーズにレーズンとデーツを切ってのせて、少しメープルシロップでもかければ、似たような味になるのと、トレーダージョーズには、フルーツとチーズを組み合わせた商品がほかにもいくつもあるのでリピなし。限定アイテムです。

Trader Joe's Sticky Toffee Cheddar Cheese

お読みいただきありがとうございました。

アメリカに来て15年目、ヒューストン在住。トレジョで13年間も買い物してるので、ブログでも書いてみようかなと思って書き始めました。私のレシピは超簡単、低予算で、まあまあヘルシー。スタバ日記も書いてます↓。