当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

サイト内の検索

トレジョとカインドのグラノーラバー Trader Joe’s Raises the Bar vs KIND

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

トレーダージョーズから、私の大好きな「カインド」の「ヘルシーグレインバ―」にとってもよく似たグラノーラバー/グレインバ―が出ました。<--といっても出てから1か月くらい?いやもうちょっとかな?たちます。

Trader Joe’s Raises the Bar

Trader Joe’s Raises the Bar

Sponsor Link

Trader Joe’s Raises the Bar 6.2oz $2.79
トレーダージョーズ レイズ ザ バー グラノーラバー

Product of Canada

今回出たフレーバーは2種類、「メープル」と「ダークチョコレート」で、1箱5本入り。

Gluten Free

NON GMO=遺伝子組み換え作物不使用

クリスプブレッドに続いて、甘くしてあるところを除けば、原材料は鶏の餌のようなバーです(笑)。

グラノーラバーというと長細いものが多いですが、今回のバー、形は正方形に近いです。

主原料のオーツに、玄米、キビ、ソバの実、アマランサス、キヌアなどが混ぜられ、甘味料で固められています。

Trader Joe’s Raises the Bar

カロリーは1本35gで140カロリー。プロテイン含有量は少なめなので、プロテインバーではなく、エナジーバーのカテゴリーに入るかと思います。

メープル

Trader Joe’s Raises the Bar Maple

ダークチョコレートチャンク

Trader Joe’s Raises the Bar Dark Chocolate

1つ1つ個別包装になっていて、チョコレートコーティングされていないので溶けにくく、持ち運びには便利です。

このトレジョのグラノーラバーと、カインドのグラノーラバーがとっても似ているので、比べてみました。

KIND Healthy Grains Granola Bars

KIND Healthy Grains Granola Bars  6.2oz  $3.00-4.00
カインド ヘルシーグレイン グラノーラバー

トレジョのお店で見た瞬間に「そっくり」だと思ったのですが、カインドのバーはアメリカ産、トレジョのRaises the Barはカナダ産なので、同じものではないだろうな思いながらも、とりあえず比較してみました。

トレーダージョーズのバーは今回初めて購入。カインドは以前から時々購入しています。

外箱、内袋ともにカインドの方が若干大き目。だけど開け口、切込みを含め、箱の作りは全く同じです。

カインドは2種類とも、内袋にバーがくっつくことなくさらっと取り出せました。トレーダージョーズの方は、シュガー成分がとけて(特にメープル味)、べたっと袋にひっついているため、バー自体の形が崩れています。

メープル味

Trader Joe’s Raises the Bar Maple

カインドーーーメープルは微香でバニラの香りもするような。しっとりしていますが、ねちょっとはしていません。メープルの味も控えめで、あっさりプレーンな印象です。塩気はほとんどなし。

トレジョーーートレジョのPBブランドは人工香料を使わないはずなのに、メープルの香りがとても強く、ちょっと人工的です。トレーダージョーズによると、「チューイー」な食感が売りだそうですが、確かにチューイーなんだけど、スティッキー/ねちょっとしていてナイフで切るのは難しい感じです。カインドよりも、メープル味が濃いです。あと、バックウィート/そばの実がかなり強くでています。カインドの方にもソバの実がはいっているのすが、カインドのほうは、お蕎麦の風味はでてない?なんでだろ??と思ってよく見てみると、カインドの方はそばの実の量自体かなり少なくて、トレジョのバーには沢山入っています。それと、トレジョに入っているソバの実は外皮/茶色い部分が残っているので、フレーバーが強いのかなあと思いました。あと、食べる箇所によっては塩が結構きいています。原材料リスト、4番目のパンプキンシードは見た目でははっきりわかるんだけど、食べてみると存在感はほとんどありません。上にも書いた通り、5本ともSugar成分が幾分溶けて、袋にべちゃっと張り付いてしまっています。

↑自分のコメントを読んでると、なんだかあんまり美味しくないように聞こえますが、そんなことはなく、味は美味しいです。

ダークチョコレートチャンク

Trader Joe’s Raises the Bar Dark Chocolate

カインドーーーこのチョコレートフレーバーも粘り気はほとんどないです。Glueの役目をするものがないと、原材料同士がくっつかないので「パリッ」と歯ごたえがいいとまでは行きませんが、比較的「サックリ」しています。チョコレートの部分を食べなければ、プレイン/ブラウンシュガーの風味です。

トレジョーーーチョコレートフレーバーもメープルほどではありませんが、バーの粘度は結構あります。又、メープルフレーバーほどではありませんが、チョコチップのないところを食べると、Buckwheat/ソバの実の存在がはっきりわかります。チョコチップに関しては、カインドよりもトレジョの方が角がしっかりしているので、パリッと美味しいです。チョコレート味は、袋にくっつくことなくサラッと取り出せました。このフレーバーもカインドよりも塩の味がしっかりわかります(両ブランド、塩の含有量は同じです。)。

カインドもトレジョも、メープルよりも、チョコ味の方が甘味が強いです。また、カインド、トレジョの各2種類とも、ココナッツのフレーバーはとても控えめですが、特有のシャリっとした歯ごたえで、何となくココナッツが入っているのがわかります。

Trader Joe’s Raises the Bar

原材料も栄養価もそっくりではないけど、とっても似ています。

比べてみた結果、

味と食感が違うので、トレジョのバーはカインドのノックオフだけど、製造元は違うと断定しました。

この2つ、どちらか買いかといわれると、味も栄養価もそれほど変わらないので、お蕎麦の風味が気にならなければ、カインドよりも少し安いトレジョの勝ちです。でもカインドもスーパーでよくセールになるので、まあ、安くて手に入りやすい方、要するにどっちでもいいかなという結論です。

ちなみに、子供たちに味見をしてもらったのですが、2人ともトレジョの方が美味しいと感じたそうです。ただし、理由が「トレジョの方がまずくなかった。」ということなので、どっちもいまいち、学校には持って行きたくないらしいです(笑)。まあ確かに子供受けするスナックではないかも。

Trader Joe’s Raises the Barの得点は、元々クッキーやオレオなどよりも、雑穀、ナッツ系のバーの方が好きなので100点中85点くらい。ただ、美味しいとは思うものの、栄養価がいまいちなので、リピは気が向いたらしてみようと思います。

Trader Joe’s Raises the Bar Dark Chocolate

Trader Joe’s Raises the Bar Maple


ちょっと前にでた「チアシードバー」↓、こっちもとっても美味しいのでお勧めです。

Trader Joe’s Organic Chia Bar

Trader Joe’s Organic Chia Bar   4.4oz/125g  $2.99
トレーダージョーズ オーガニックチアバー 5個入り

このバー、イチゴは入ってないんだけど、なぜかイチゴの味がする(気がする。)。

お読みいただきありがとうございました。

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

アメリカに来て15年目、ヒューストン在住。トレジョで13年間も買い物してるので、ブログでも書いてみようかなと思って書き始めました。私のレシピは超簡単、低予算で、まあまあヘルシー。スタバ日記も書いてます↓。