当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

サイト内の検索

トレーダージョーズのアーティチョークの下処理 Trader Joe’s GLOBE ARTICHOKES

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

トレーダジョーズでアーティチョークを買いました。

アーティチョーク大好きなんですが、見るからに下処理が面倒くさそうなので、いつも缶詰か冷凍ものを買っていました。
アーティチョークは量の割には、ほかの冷凍お野菜と比べるとお値段高めです。

自分下処理してみてそのわけに納得。
面倒くさいのもあるけど、大きいのに食べられるところが少ないから。

こちらが今回買ったアーティチョーク。4つで2.69ドルでした。

Trader Joe's Globe Artichokes

Sponsor Link

Trader Joe’s GLOBE ARTICHOKES $2.69
トレーダージョーズのアーティチョーク

トレーダージョーズ アーティチョーク

まず、アーティチョークは切ったところがすぐ酸化して黒くなるので、それを防ぐため、レモンか、ビタミンCを用意します。私はキングアーサーフラワーで買ったビタミンC大匙半分くらいと、300ccの水をボールに入れてビタミン水を作りました。

キングアーサーフラワー ビタミンC

こちらがKING ARTHUR FLOURで買ったアスコルビン酸です。お料理の風味づけのために使うレモンの代わりにはなりませんが、アボカドやアーティチョークなど野菜の酸化による黒ずみを防ぐのには便利です。また、パンの生地にほんの少しだけ入れると、生地が安定し扱いやすく、なおかつ釜伸び(釜なんてもってないけど)のよいパンができるそうです。(このあたりは、私まだ勉強中です。)1つ持っていると、とっても便利です。

ボトムを1cmくらい残して切り落とします。
葉っぱの先っちょから半分くらい、下から順番にはさみで切り落とします(とげとげで食べられないから)。
この作業の間、切ったところはレモンを半分に切ってこすり付けるか、ビタミンCのボールにつけます(酸化を防ぐため)。

アーティチョーク

アーティチョークが柔らかくなるまで20分から40分(サイズによります)蒸します。今回は25分で十分でした。
茹で上がりの目安は、葉を1枚引っ張ってみて、スッととれたら出来上がり。冷めるまでまって葉を1枚1枚とります(簡単にとれます)。

アーティチョーク

葉の根元のやわらかい部分は食べられます。前歯でしごいて食べます。

下の写真は葉を全部取り除いた後、半分に切ってます。

アーティチョーク

アーティチョーク

葉っぱ(ガク)をとると、とげとけひらひらした部分(CHOKE)が出てきます。この部分は食べられないので、取り除きます。全部取り除いたあと残るのが、アーティチョークハート。一番おいしいところです。

アーティチョーク

食べやすい大きさに切ります。

アーティチョーク

奥左が生ごみ、奥右が葉っぱで部分根元に近い部分は食べられるけど、うーん、葉っぱ1枚1枚口にいれてしゃぶるのもどうかなあ。

手前が貴重なアーティチョークハート。柔らかくておいしいけど、かにの足並みの収穫の低さ。もしかしたらそれ以下かも。

アーティチョークの裁き方はいろいろありますが(半分に切ってからゆでる、ローストするなど)、私は今回一番簡単そうなのを試してみました。

このアーティチョークどうやって食べようかなあ? せっかく調理した貴重なアーティチョークなので、明日にでもサラダにしてみます。

私のページに来てくれてありがとう。 また来てね。

アメリカに来て15年目、ヒューストン在住。トレジョで13年間も買い物してるので、ブログでも書いてみようかなと思って書き始めました。私のレシピは超簡単、低予算で、まあまあヘルシー。スタバ日記も書いてます↓。
Sponsor Link

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ