当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

サイト内の検索

トレーダージョーズのバブカ Trader Joe’s Chocolate Brooklyn Babka

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

すごいボリュームのパン「バブカ」、

トレーダージョーズのバブカ

今日、トレーダージョーズでバブカを手にとってみていると、店員さんがやってきていろいろ説明してくれました。あんまり熱心に説明してくれるので、とりあえず購入してみました。
「バブカ」は東欧ポーランドの伝統的なパンで、イースターのときに食べるもので、ニューヨークのジューイッシュのデリなどで主に売られているそうです。
このトレーダージョーズのバブカはニューヨーク、ブルックリンで作られているということです(店員さん談)。

思い返してみると、プラスチックのケースに入った菓子パンをトレーダージョーズで買ったのは、過去10年でもしかしたら始めてかもしれません。

トレーダージョーズのバブカ

Sponsor Link

Trader Joe’s Chocolate Brooklyn Babka 1pound, 2ounces $4.99  Kosher
トレーダージョーズのチョコレートブルックリンバブカ

トレーダージョーズのバブカ

私が過去に食べたバブカは、主役はパン生地で、チョコレートが控えめに練りこまれているというものでしたが、比較できるほどたくさんのバブカを食べたことがないため、あくまでもトレーダージョーズのバブカを食べた感想です。
まず、私が過去に食べたバブカよりもチョコレートの割合が多い(私はこの方が好き♪)。
デニュッシュのようにチョコレートとパン生地が幾層にも重なっています。が、デニッシュほどバターは生地に感じられず、生地自体はパイ生地ではなく、あっさりした甘めのパン生地です。
トップはエッグウォッシュでぴかぴかつるつる、ぱりっとしていて、ナイフを入れたら割れました。日本製のグローバルナイフ(ウィリアムズソノマで購入。切れ味抜群で、スタイリッシュなデザインのいいナイフです。お勧め)を使ったんですが、中がチョコレートフィリングでしっとりしていてつぶれやすく、表面はぱりぱりなため、綺麗に切りにくいです。
かなり甘くてボリュームがあるので、食事の後のデザートか、コーヒーといっしょに薄く切ってちょこっと食べるくらいで十分です。チョコレートは結構ビター。
なんせチョコレートの量が多いので、中のパン生地がチョコレートに負けて、もちっとしているため、パンを食べている感じはあまりしません。私はチョコレートが好きなので、デザートとして食べれば問題なし。ちなみに、少しレンジかトースターで暖めたほうがおいしいです。

トレーダージョーズのバブカ

ところどころ、大きな空洞ができています。

日本のコンビニやパン屋さんで売っている、チョコレートの練りこんであるマーブルチョコパンを、5倍くらいチョコレートでこってりさせた感じです。

トレーダージョーズのバブカ

これを1/9切れ食べると250カロリー摂取したことに。私はカロリーがとても高いわりには、1つ丸々食べても満足感の少ない菓子パンやパイ生地のペイストリーは普段ほとんど食べないのですが、これを味わって1/9切れ食べると、しっかりとチョコレート菓子を食べた満足感が得られるので、栄養などはこの際考えないで、デザートだと割り切れば悪くないと思います。

トレーダージョーズのバブカ

なぜか原材料にオーガニックの豆腐が使われています。バブカは東欧の伝統的なパンなので、普通レシピに豆腐は使われていません。ちなみに豆腐が入っているのは食べても全然わかりません。

あと、バブカによってはシナモンが結構きいているのもあるようなのですが、このバブカには入っていません。くるみなどのナッツもトレジョのバブカには入っていません。

Trader Joe’s Chocolate Brooklyn Babkaの得点は100点中85点くらい。大味ですが、量があり、チョコレートたっぷりなので$4.99は安いと思います。ただ、クリーンイーティングには程遠く、これを常食したらかなりお腹周りと太ももにきそう(汗)なので、リピしたいけどリピは微妙。今日食べて残った分は、薄く切って小分けにして冷凍にしました。

チョコレートが好きで、とりあえず「バブカ」というものを食べてみたいという方にはお勧めできます。濃いコーヒーといっしょにどうぞ(^^♪

トレーダージョーズのバブカ

アメリカに来て15年目、ヒューストン在住。トレジョで13年間も買い物してるので、ブログでも書いてみようかなと思って書き始めました。私のレシピは超簡単、低予算で、まあまあヘルシー。スタバ日記も書いてます↓。