当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

サイト内の検索

トレーダージョーズのバニラエクストラクトと手作りバニラエッセンスのレシピ

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

今日はトレーダージョーズにおいてある調味料、「バニラエクストラクト」について、書いてみたいと思います。

Trader Joe’s Pure Bourbon Vanilla Extract

Sponsor Link

Trader Joe’s Pure Bourbon Vanilla Extract 4oz/118ml $4.99
トレーダージョーズ バーボンバニラエクストラクト

マコーミックなどと比べると高めの値段設定になっていますが、その分量が多めなのでお値段的には良心的。King Arthur FlourやWilliams Sonomaに置いてあるNielsen-Masseyと比べると格段に安いです。

ただ、肝心のお味の方は、???前からこんな味だったっけ?と思うほどアルコールの匂いがきつくバニラの香りが弱いです。英語で言うと”very strong and harsh”という感覚でしょうか。ここ数年は、ちょっと高めのNielsen-Masseyか、手作りのバニラエッセンスしか使っておらず、このバニラエッセンスを買ったのも久しぶりなので、拍子抜けしてしまったのかもしれません。ちなみにNielsen-Masseyが高めといっても、WSのアウトレットにいつも置いてあり、10ドル前後で購入できます(笑)。TJ Maxで見つかることもあります。

日本で一般的なバニラエッセンスと、アメリカのバニラエクストラクトでは、エッセンスの方が濃度が高いです。なので、アメリカのレシピだと大体小さじ1や大さじ1/2など、結構な量を使います。だけどこれは、エッセンスとエクストラクトの違いだけではなくて、アメリカのお菓子のレシピは、1回で作る量が日本のレシピと比べてかなり多いためもあると思います。大きいクッキー36個分とかね(笑)。

それと、アメリカで買えるエクストラクトは、大体どこのメーカーのどのフレーバーも口が大きいので、どぼどぼっとでて、瓶の外側に垂れて使いにくいったらないです。トレーダージョーズのバニラエクストラクトもそのタイプです。

Trader Joe’s Pure Bourbon Vanilla Extractの得点は100点中、60点くらい。そんなに量を使うものではないので、少し高くても風味のいいものを使いたい私には、アルコールがきつくバニラの風味があまりでないのでリピなしです。

Trader Joe’s Pure Bourbon Vanilla Extract

トレーダージョーズにはあと1種類、アルコールフリーのバニラエッセンスも置いてあります。

Trader Joe's Pure Vanilla Flavor Alcohol Free

Trader Joe’s Pure Vanilla Flavor Alcohol Free 4oz/118ml  $3.99
トレーダージョーズ ピュアバニラフレーバー アルコールフリー

Glycerine, Water, Sugar Cane, Vanilla Bean Extractives

こっちには↑グリセリンと砂糖が添加されているようですが、自分で買って試したことがないのでお味の方はわかりません。あまりよくないとどこかで読んだことがありますが、アルコールがダメな方にはいい商品かも。


と、どこででも買えるバニラエッセンス/エクストラクトですが、

実は自分で簡単に、しかも大量に作れてしまいます。

こちらの↓の写真が、今回バニラエッセンスを使うのに用意したアイテムです。

バニラエッセンスの作り方

使ったバニラビーンズはフロンティア/Frontier Co-op。オーガニックの製品をいろいろ取り揃えて、良心的な値段で売っています。過去に皮むき白ごまなども買いましたが、品質はとてもいいです。

バニラエッセンスの作り方

材料

アルコール(今回使ったのはウォッカ)400㏄
バニラビーンズ 数本(バニラの大きさ、質、個人の好みより使う本数はかわります。私は多めの7本使いました。)
蓋のついたグラスのビン

オーガニック バニラビーンズ

1.バニラビーンズにナイフで縦に切り込みを入れて、中の種が見えるようにします。

バニラエッセンスの作り方

2.ボトルの中にバニラビーンズを丸ごと入れて、アルコール(今回はウォッカ)を入れます。バニラビーンズ全体がアルコールにつかるようにします(バニラが長すぎるようなら半分に切ってもOK)。びんの蓋をしっかりします。

3.ビンを涼しくて日の当たらない暗い場所においておきます(冷蔵庫はだめ)。あとは、数週間から3ヶ月くらい待つとできあがりです。アルコールがゴールデンカラーになって、バニラのいいにおいがしてきたら、バニラビーンズをとりだします(このバニラビーンズはベーキングやお料理に、又バニラシュガーを作るのに使えるので捨てないで)。

バニラエッセンスの作り方

2週間で↑のようにだいぶ色がつきました。

Colorless and Flavorlessのクリアなウォッカが一番癖がなく、なんにでも使えるバニラエッセンスが出来上がります。
ラム、バーボン、又はJack Daniel’sなどを使うと、少し違う風味のバニラエッセンスが出来上がります。

バニラビーンズとアルコールの割合は、作る人の好みとバニラの大きさ、質によっていろいろ変わってくるので、自分でいろいろ試して、好みの割合を見つけるのがいいと思います。
例えば、
例1)キングアーサーフラワーのレシピだと、1から3本のバニラビーンズに対して、アルコールが3/4カップ(アメリカサイズ 1カップ250㏄)
例2)60mlのアルコールに対して、バニラビーンズ1本使用
例3)ちょっと前にWilliams Sonomaが「DIY Vanilla Extract Making Kit」を売っていたのですが、そのキットは、250㏄のボトルと、短めのバニラビーンズが5本入っていました。

といろいろなレシピは巷にはあるようです。

Williams Sonoma Funnel

こちらがウォッカをボトルにうつすときに使ったFunnelです。Williams-Sonomaでセールで買いました。実はガーデン用なんだけど、キッチン用品として使っています。
実はFunnnelのことを日本語でなんていうのか考えても思い浮かばず、辞書で調べました。濾過器というらしいです。ろの漢字難しい(汗)。

あと、余ったバニラビーンズは、常温保存だと、乾燥してバニラビーンズが硬くなってしまうので、しっかりラップをしてジップロックに入れて、冷凍庫に入れておくと比較的長い間保存できます。

バニラシュガーの作り方

新しいバニラビーンズ(バニラエッセンスを作った後のバニラビーンズでもOK。)をグラニュー糖といっしょに、お砂糖にバニラの風味がつくまでシュガー缶や瓶に入れておきます。それだけです。簡単 簡単、あとは使うだけ。

バニラシュガーの作り方

また、バイタミックスのドライコンテナーを使うと、上の写真のバニラシュガーが、下の写真のように、サラサラでバニラビーンズの粒々のたくさん入ったバニラシュガーになります<--ちょっとだけ鞘の微粒子がざらっとするけど、私は鞘ごといれちゃってます。

バニラシュガー

スターバックスで、飲み物に入れるバニラパウダー(バニラ+砂糖)がありますが、あんな感じかな。

バイタミックス7500のドライコンテナ

Vitamix7500 $500
バイタミックス

<その他、バニラビーンズ使い切りのアイデア>

*バニラエッセンスを作るのに使ったバニラビーンズを、ささっと洗って乾かしたあと、グラインダー/コーヒーミルにかけて細かくして、コーヒーのフィルターの中にコーヒー豆と一緒に入れると、バニラフレーバーのコーヒーができます。

*バニラエッセンスを作った後のバニラビーンズは、カスタードやプディングを作るときに中に入れると無駄にならず使い切れます。

バニラエッセンスの作り方

トレーダージョーズのバニラエクストラクトのことを書くつもりだったのに、いつのまにか、バニラビーンズを最後までとことん使い切る方法にと、話がそれてしまいましたが、お読みいただきありがとうございました(^^♪

Save

Save

アメリカに来て15年目、ヒューストン在住。トレジョで13年間も買い物してるので、ブログでも書いてみようかなと思って書き始めました。私のレシピは超簡単、低予算で、まあまあヘルシー。スタバ日記も書いてます↓。