当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

サイト内の検索

ブレビル ミルクフローサー とトレジョのPSL Breville BMF600XL Milk Frother 

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

トレーダージョーズから、今の季節にぴったりな飲み物、パンプキンスパイス アーモンドミルクが出ました。

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverage

Sponsor Link

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverage 946 ml. $1.79

温めるだけで、パンプキンスパイスラッテが簡単にお家で楽しめます。

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverage

上の写真はPumpkin Spice Almond Beverageのみを温めました。

かなりとろみ/濃度があります。パンプキンピューレ―が入っているからか、市販のアーモンドミルクをさらにトロッさせた感じです。
パンプキンスパイスはほどよくきいていますが、マイルドで口当たりは優しいです。ただ、牛乳もホイップクリームも使われていないので、とろみはあるけどコクはありません。

用冷蔵でなく、長期保存可能です。

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverage

240mlで100カロリー、砂糖15gとダイエット中でも飲んでOKな数値です。non-dairy beveragesなので、牛乳を飲むとお腹を壊す人でも大丈夫。

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverageの得点は100点中80点。パンプキンスパイスの味はマイルドで、他のパンプキンスパイスの効いたスイート、お菓子に比べると甘さ、カロリーとも控えめで、パンプキンスパイスがそこまで好きでない私にも楽しみやすいです。長期保存可能なのと、比較的小さなパッケージで消費しやすいところも2重丸です。リピあり。

そのまま飲んでも、コーヒーショップや市販のPSLに比べると甘さ控えめですが、私にとってはまだ少し甘いので、同じくトレジョからでている「アーモンドミルク/アーモンドビバレッジ」を加えました。(牛乳、豆乳の代わりに、今回は同じアーモンドミルクを合わせました。)

PSL=スターバックスでお馴染みのPumpkin Spice Latteの略語です。

使ったアーモンドミルクは、

 Trader Joe's Non-Dairy Almond Beverage Unsweetened

Trader Joe’s Non-Dairy Almond Beverage Unsweetened 1.89l $2.99

無糖タイプ

このアーモンドミルク、ちょっと前はAlmondmilkという名前だったのに、気が付いたら Almond Beverageという名前に変ってました。

 Trader Joe's Non-Dairy Almond Beverage Unsweetened

原材料を見ると、塩が結構入っています。他ブランドの、Silk、Blue Diamondなどと比較してみても、成分、味ともさほど変わりないです。味は牛乳の方が好きなのですが、牛乳と比べるとカロリーが低いのと、乳糖が入っていないので、乳糖をとりたくない気分の時に飲んでいます。定価はトレジョ、Silk、Blue Diamondほぼ同じですが、トレジョはセールがないので、他のメーカーのほうが安く買えるため、特にトレジョのアーモンドミルクを買う必要なないかもしれません。

この2つをミックスしたものが↓

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverage

泡立てる前

写真の割合は、パンプキンアーモンドミルク:アーモンドミルク=150cc:50ccくらいです。

このままレンジで温めて飲んでも美味しいのですが、

Breville Milk Frother/ブレビル ミルクフローサーを使うと、このPSLをさらに美味しく飲むのことができます。

Breville BMF600XL Milk Café Milk Frother

Breville BMF600XL Milk Café Milk Frother    $129.95
ブレビル ミルクフローサー

カプチーノ用ディスクを使って、90秒くらい泡立てました。

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverage

泡立て後2 ブレビル ミルクフローサー使用

↑を更に泡立てると、

Trader Joe’s Pumpkin Spice Almond Beverage

泡立て後3 ブレビル ミルクフローサー使用

↑のようにほとんどフォームだけになり、原型をとどめていないというか、もとはなんだったのかわからない状態に(笑)。普段ここまで泡立てて飲むことはないのですが、ここまで泡立てることも可能です(ただし、泡立ち具合は使う原材料、脂肪、砂糖の量によって大きく変わります)。

また上2つの写真では、泡立ちの良さを協調するためにカプチーノ用のディスクを使いましたが、ラッテ用のディスクを使うと、スムースでシルキー、ミルキーなラッテが出来上がります。

Breville BMF600XL Milk Café Milk Frother

左がカプチーノ用ディスク、右がラッテ用ディスクです。2つ離れて写真を撮っているのは、磁気を使って回転させる仕組みになっているので、これ以上2つを近づけるとピタッとくっつくから(笑)。

泡立てのみならず、飲み物を好きな温度に温めまでしてくれる、本当に便利で素晴らしいキッチン用家電です。温めないで撹拌することだけもできるので、冷たい飲み物も作れます。ダイアルでセットしておけば、設定温度に達した時に、サーモセンサーが反応して自動で止まり、ピッピと音を立てて知らせてくれます。
容器は500mlで容量大き目なので、チョコレートミルク、ココア、パンプキンスープなども一気に温めてクリーミーにすることができます。

この容器はデッシュウォッシャーで洗浄可能ですが、シンプルなデザインなため、ミルク成分が固まる前にすぐに洗えば、ささっと手洗いで十分きれいになります。

欠点を強いてあげるなら、容器が大きく底が広いために、20mlなど少量だけ泡立てることは難しいです。あと、撹拌しているときの音はちょっと大き目かもしれません。

以下、メーカーのサイトから一部抜粋です。

Breville   Milk Cafe

Creamy milk and hot chocolate maker.

Hot milk drinks are best when made with the smallest bubbles. Rather than a bubble bath, it’s that creamy consistency that creates a rich hot chocolate or a smooth latte or cappuccino.

The Milk Café uses induction heating and spinning to make those small bubbles. Simply choose the appropriate frothing disc — latte for a creamy result, the cappuccino disc for more froth — fill with enough milk for one or up to three cups, select your temperature, and start.

The Milk Café will froth and turn itself off when the desired temperature is achieved. And as it uses induction heating, you can simply place the jug in the dishwasher for easy cleaning.

なんだか途中からブレビルの宣伝になってしまいましたが、このミルク泡だて器、最近買ったキッチン家電の中で1番出番が多く、使わない日はないくらい重宝しています。ブレビルを購入する前に、ミルクフローサー3種類試して、やっと理想的なものを見つけることができました。ブレビルが売れても、会社関係者でない私にはなんの恩恵もないのですが(笑)、とってもお気に入りなので紹介させていただきました。

長々お読みいただきありがとうございました。

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save

アメリカに来て15年目、ヒューストン在住。トレジョで13年間も買い物してるので、ブログでも書いてみようかなと思って書き始めました。私のレシピは超簡単、低予算で、まあまあヘルシー。スタバ日記も書いてます↓。
Sponsor Link

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ